各種イベント・お祭りへの出動依頼、随時受け付け中です☆お気軽にお問い合わせ下さい。
・詳しい紹介はついに開設された公式HPまで!→双嵐龍オフィシャルWEBサイト
・お問い合わせ先は以下のフォームまで!→http://www.tam-p.jp/inquiry/
・もしくは直接以下まで連絡を!
アクション&映像制作団体 TAM−Project内 祭英雄企画(まつりヒーロープロジェクト) 統括 黒田昌樹
電話:09026997477 メール:m-hero<@>tam-p.jp ※< >を外して送ってください
主題歌デモPVが公開されました! 1番 2番 ※クリック!!

2012年12月31日

【にっぽん塾】年末編1〜大晦日について(BN)

日本の文化や風習について、ソーランドラゴンが
子ども達に!未来に!伝えたい!!繋げたい!!ってことで
発信する、不定期連載企画
“双嵐龍(ソーランドラゴン)のにっぽん塾”
 
  “花見”

   “八十八夜”、

   “七夕”なんかについて


取り上げてきましたが(※気になる方は、過去記事参照!)、
   
今回は“日本の年末年始”について!
昨年のバックナンバーですがお送りします!
大晦日を紐解きます!

#############################


水龍「今日、12月31日は大晦日!
   みなさんは、「おおみそか」って
   どんな意味だか知っていますか?」

炎龍「俺っちも小さい頃から、
   なんだろうなあって思ってたんだけどよう、
   お味噌や、みそ汁とは別に関係ないのか!?
   おお!味噌・・・か???なんてな!!」
水龍「う、うん・・・炎龍、お味噌とは、あまり関係ないよ(汗)」



炎龍「なんでい、じゃあ本当はどんな意味なんでい!?」
水龍「大晦日(おおみそか)の「みそか」っていうのは
   そもそも「三十日(みそか)」と書き、
   各月の最後の日を意味していたんだ。
炎龍「へえ、そんな風に書くんだな、「みそか」って。」
水龍「そして、12月は一年で最後の月の最後の日なので
  “大”をつけて大三十日(おおみそか)=大晦日と呼ばれたんだ。
炎龍「なるほどなあ。」

水龍「さらに、大晦日は・・・

 除夜(じょや)の鐘を聞くまで起きている・・・
   という風習があるよね。」
炎龍「そうだなあ、俺っちも小さい頃は「大晦日だよドラえもん」を見たら
   すぐ寝ちまってたけど、初めて紅白歌合戦を最後まで見て、
   起きたまま年を越した時は、なんだか嬉しかったのを覚えてるぜい。」
水龍「そうそう、いつもは夜更かししていたら怒られるけど、
   大晦日は特別だったりしたよね。
   これはね、その昔、囲炉裏(いろり)の火を
   新しい年に引き継ぐため、一晩中起きて火の番をした
   という風習のなごりなんだ。
炎龍「そうなのかあ!なるほどなあ。」
水龍「年が入れ替わる時はいろいろと不安定なので、
   家に魔物が入らないように見張るという意味や、
   年神様を迎える時に寝ていては失礼だ・・・
   と考えられた節もあるそうだよ。
炎龍「確かに、そういう時に鬼どもが悪さをしようと狙ってやがるんだよな。
   そうはさせねえぜってんでい!火の番ならこの俺っち、
   あ、炎龍にまかせとけってんでい!てやんでい!!」
水龍「まあまあ、最近は囲炉裏もなくなってしまったから、
   それは昔の話しなんだけどね・・・。」
炎龍「そうかそうか、そうだったなあ。」
水龍「よい子のみんなも今夜は
   お父さんお母さんと一緒に、紅白歌合戦を最後まで見て、
   年が明けるまで起きてる子もいるのかなあ??」
炎龍「まだまだ続く、にっぽん塾!
   次回は、今夜“年越しそば”についてでい!」
水&炎「お楽しみに!!!」



同じカテゴリー(ソーランドラゴンのにっぽん塾)の記事画像
【にっぽん塾BN】GW編7〜こいのぼりの発展
【にっぽん塾】GW編6〜こいのぼりの歴史
【にっぽん塾BN】GW編4−こどもの日
【にっぽん塾BN】GW編3−こいのぼりの由来
【にっぽん塾】GW 編2-八十八夜②(BN)
【にっぽん塾】GW編1-八十八夜①(BN)
同じカテゴリー(ソーランドラゴンのにっぽん塾)の記事
 【にっぽん塾BN】GW編7〜こいのぼりの発展 (2015-05-06 07:00)
 【にっぽん塾】GW編6〜こいのぼりの歴史 (2015-05-05 07:10)
 【にっぽん塾BN】GW編4−こどもの日 (2015-05-04 07:00)
 【にっぽん塾BN】GW編3−こいのぼりの由来 (2015-05-03 07:00)
 【にっぽん塾】GW 編2-八十八夜②(BN) (2015-05-02 17:00)
 【にっぽん塾】GW編1-八十八夜①(BN) (2015-05-02 07:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。