各種イベント・お祭りへの出動依頼、随時受け付け中です☆お気軽にお問い合わせ下さい。
・詳しい紹介はついに開設された公式HPまで!→双嵐龍オフィシャルWEBサイト
・お問い合わせ先は以下のフォームまで!→http://www.tam-p.jp/inquiry/
・もしくは直接以下まで連絡を!
アクション&映像制作団体 TAM−Project内 祭英雄企画(まつりヒーロープロジェクト) 統括 黒田昌樹
電話:09026997477 メール:m-hero<@>tam-p.jp ※< >を外して送ってください
主題歌デモPVが公開されました! 1番 2番 ※クリック!!

PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2015年05月06日

【にっぽん塾BN】GW編7〜こいのぼりの発展

こども達に!未来に!伝え繋げたい!!
日本の伝統、和の文化を、発信する

【ソーランドラゴンのにっぽん塾】

ゴールデンウィーク編!!!

こいのぼりの歴史について!!

##########################

皆さん、こんにちは。
ソーランブルー水龍です!

今日、5月5日は
子どもの日!

前回はこいのぼりの歴史を紹介しましたが、
今回はその続き。

江戸時代(えどじだい)に庶民(しょみん)の間で誕生(たんじょう)し、広まったこいのぼり。

江戸の頃は和紙(わし)に鯉(こい)の絵をかきましたが、
大正(たいしょう)時代にはやぶれない綿(めん)のこいのぼりが生まれ、
昭和(しょうわ)三十年代の半ばには雨にぬれても色のおちない
合成繊維(ごうせいせんい)の鯉のぼりが誕生し、現在に受つがれています。

数も1匹から、2匹へ、3匹へと増え、

こいのぼりのうたにもあるように
大きな黒の真鯉(まごい)がお父さん、
赤い緋鯉(ひごい)がお母さん、
さらに小さな青や緑は子どもたち。
それ以外では緑色や黄色、オレンジ色、紫色など、女の子や次男、三男のお子さんなどのために各色が出現しています。
そうしてやがて家族の数だけこいのぼりを飾るという家が一般的になっていきました。


しかし1980年代以降、住宅状況の変化で、
民家の庭に高々とこいのぼりが揚がる姿を
見ることはだんだんと少なくなっています。

それでもミニチュアが売られたり、
学校や幼稚園の工作で作られるなどして
この時期おなじみの風物詩となっているよね。

各地でこいのぼりをたくさん飾る、こいのぼり祭りなども開かれているよ!

これにて、にっぽん塾GW編、
ひとまず閉幕です。

By水龍  


2015年05月05日

【にっぽん塾】GW編6〜こいのぼりの歴史

こども達に!未来に!伝え繋げたい!!
日本の伝統、和の文化を、発信する

【ソーランドラゴンのにっぽん塾】

ゴールデンウィーク編!!!

こいのぼりの歴史について!!

##########################

皆さん、こんにちは。
ソーランブルー水龍です!

今日、5月5日は
子どもの日!

前回はこどもの日の由来や歴史を紹介しましたが、
今回はその続き。
いよいよ歴史に、こいのぼりの原形が登場しますよ。


さて、江戸時代には、
5月5日は、徳川幕府(とくがわばくふ)の重要(じゅうような)な式日(しきび)に定められ、
大名(だいみょう)や旗本(はたもと)が、式服(しきふく)で江戸城(えどじょう)にまいり、
将軍(しょうぐん)にお祝いを奉じるようになりました。

そして、武家に男の子が生まれると、
おうちの門の前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて
お知らせし、お祝いしました。
これが今の、こいのぼりの発祥と言われています。

また、身を守ってくれる鎧(よろい)や兜(かぶと)は、  続きを読む
タグ :にっぽん塾


2015年05月04日

【にっぽん塾BN】GW編4−こどもの日

こども達に!未来に!伝え繋げたい!!
日本の伝統、和の文化を、発信する

【ソーランドラゴンのにっぽん塾】

ゴールデンウィーク編!!!

こどもの日について!!

##########################

皆さん、こんにちは。
ソーランブルー水龍です!

明日、5月5日は子どもの日!

君達こどもの成長(せいちょう)をいわい、こどものしあわせをねがい、
生み育ててくれたおかあさんに感謝(かんしゃ)する、
国民の祝日です。

子どもの成長を祝う「端午(たんご)の節句(せっく)」が5月5日だったことが由来(ゆらい)しています。

そう、これまで、お正月やひな祭りのにっぽん塾でもでてきた、

五節句のうちの一つだね!


端午の節句とは、5月5日に、こいのぼりや鎧兜(よろいかぶと)、菖蒲(しょうぶ)を飾ったり、菖蒲湯(しょうぶゆ)に入り、柏餅(かしわもち)やちまきを食べ、男の子の厄(やく)よけと成長を
いわう行事です。


端午の節句は、「菖蒲の節句」ともいいます。

奈良(なら)・平安(へいあん)時代、
まだ病気(びょうき)の原因(げんいん)がわからず、治療(ちりょう)もままならない時代。
かおりの強い“菖蒲”の葉(は)が、
魔除(まよ)けや薬草(やくそう)としてつかわれ、
いろいろな行事が行われていました。

そして鎌倉(かまくら)時代、武士(ぶし)の時代が来ると、
「菖蒲」が、武運(ぶうん)を大切にする「尚武(しょうぶ)」と結びつき、
男の子の厄(やく)よけと成長をねがったり、お祝いしたりするようになりました。

そして、お待ちかね?こいのぼりの元が登場するのは江戸時代のことです。

続きはまた次回!


By水龍  
タグ :にっぽん塾


2015年05月03日

【にっぽん塾BN】GW編3−こいのぼりの由来

日本の文化や和の伝統、
もっと知りたい伝えたい!!
そんな思いでおくる、

【ソーランドラゴンのにっぽん塾】

ゴールデンウィーク編!!!

本日からは、こいのぼり編!!

####################################

こいのぼりはなぜ飾る??

てやんでい!炎龍でい!


みんな、なんでGWに鯉のぼりを飾るか知ってるか??


なんでもよ、中国(ちゅうごく)の昔話(むかしばなし)でよ、
“竜門(りゅうもん)”とよばれる滝(たき)を
いろんな魚が登(のぼ)ろうとしたんだけど
登りきりれたのは鯉(こい)だけだったんだってよ。
そしてその鯉はなんと、竜(りゅう)になることができたんでい!

そんな伝説(でんせつ)があってよ!それが日本に伝わり、

男の子の節句(せっく)である、
5月5日の端午の節句(たんごのせっく)の前後に
“自分の家の子も健康(けんこう)に育ち、
将来(しょうらい)は大きく出世(しゅっせ)してほしい”

ってな願いをこめて、鯉のぼりがかざられるようになったんでい!


また「わが家に、男の子が生まれました。どうぞお守りください。」
と天のご先祖(せんぞ)様や神様に伝え、
守っていただく意味があるとも伝えられているぜ!

そもそも、こいのぼりは、
今までレポートしてきた門松雛人形などと同じく、
江戸時代中期の裕福(ゆうふく)な庶民(しょみん)の家で始まった
習慣(しゅうかん)なんだってよ!

次回はそんな鯉のぼりの歴史を、
水龍先生がさらに詳しく教えてくれるぜ!!

お楽しみにぃ!!

おまけに一丁!
あ 炎龍こいのぼりでい!!

どうでい!すげえだろ??

したっけまたなあ!

続く・・・

By 炎龍  
タグ :にっぽん塾


2015年05月02日

【にっぽん塾】GW 編2-八十八夜②(BN)



日本文化や和の伝統について
双嵐龍が発信してみる、ブログ連載
『双嵐龍(ソーランドラゴン)のにっぽん塾』

今日は“八十八夜(はちじゅうはちや)”
についての2回目!

#######################


こんにちは水龍です!


今日は“八十八夜(はちじゅうはちや)”
について、ひもといてみたいと思います。

八十八夜は、立春(りっしゅん)からかぞえて八十八日目にあたる日で、
だいたい毎年五月二日前後になります!

この、八十八夜は春から夏に変わる節目(せつめ)の日、
夏への準備(じゅんび)をはじめる日とされており、
縁起(えんぎ)のいい日とされてきました。

“八十八夜の別れ霜”という言葉があるのだけれども
この頃から霜(しも)がなく、安定した天気になっていくことから

種(たね)や苗(なえ)をうえるなど、
農業(のうぎょう)の開始(かいし)の日の目安(めやす)とされてきました。

また、"八十八"という字を組み合わせると「米(こめ)」という字になることからも、
稲作(いなさく)を基本(きほん)とする日本の農業に従事(じゅうじ)する人にとっては
特別(とくべつ)重要(じゅうよう)な日とされてきたようです。
こんなふうに、こうした日に神秘性(しんぴせい)を感じるってなんだか面白いよね。


天気予報(てんきよほう)が発達(はったつ)した近年(きんねん)も、
農家ではこの日に昔ながらのならわしを行っているところも多く、

“自然(しぜん)の偉大(いだい)さを感じ、
無病息災(むびょうそくさい)のいのりをささげた
古人(こじん)の知恵(ちえ)を受け継いでいくって事は
なんだか素敵(すてき)なことだなあ”
と思い、この日を紹介(しょうかい)してみました。

3に続くよ!

By水龍  
タグ :にっぽん塾


2015年05月02日

【にっぽん塾】GW編1-八十八夜①(BN)

てやんでい!炎龍でい!
ゴールデンウイーク、楽しんでるか?
和の文化や伝統をヒーローと学ぶ、
【ソーランドラゴンのにっぽん塾】
ゴールデンウィーク編!!スタートでぃ!!

まずはバックナンバーで八十八夜(はちじゅうはちや)編をどうぞ!


#######################
てやんでい!炎龍でい!

黄金週間(ゴールデンウィーク)だな!
すっかりあったかくなってきて、
なんだか鼻唄(はなうた)でも歌いたくなる今日このごろだぜい!!

「夏も近づくはっちじゅうはちや〜〜〜」っと、

何でも今日、5月2日は今年の八十八夜(はちじゅうはちや)なんだってよぉ!

ん??八十八夜って何だー??
みんな、知ってるか??
なかなか知られてねーんじゃねーかな??
こいつはちょいとレポしますか!!

ってことで、ちょいと農家(のうか)に行ってきたぜぇ!!


“ソーランドラゴンのにっぽん塾”
GW編、まずは『八十八夜』についてぇ!!

・・・続く

By炎龍
  
タグ :にっぽん塾